【ブレフロ】クーラン星☆6が強い!?評価やスキル詳細・使い道は?

クーラン 評価

 

12月11日~25日まで行われている千メモこと、
サウザンドメモリーズとブレフロコラボ。

みなさんはもう全コンテンツクリアできましたでしょうか?

私は最初の三日間位ずっとクーラン&カイトマラソンをしていました。

 

基本体力は自然回復なので、時間はかかりましたが、
おかげでどちらも良タイプを揃えることができました。

千メモコラボユニットは基本的に強いユニットが多いので
星6でも十分使い道があるんですよね。

 

というわけで、今回はクーランの評価を行っていきます。

スポンサーリンク

クーラン星6のスキル詳細と評価

クーラン スキル詳細

 

リーダースキル 猫に自由を

全てのユニットの最大HPを30%アップ&ターン毎にBBゲージを増加(+3BC)&被ダメージ時、BBゲージを増加(+2~3BC)

 

ブレイブバースト 必殺・ケモノヅメ

敵全体に樹属性15連ダメージ(倍率+220%)&味方全体に3ターン、ターン毎にBBゲージをかなり増加・BC獲得時の増加量をアップ(+5BC,+25%)

 

スーパーブレイブバースト キャットパニック

敵全体に強力な樹属性30連ダメージ(倍率+450%)&味方全体に3ターン、ターン毎にBBゲージをかなり増加・防御力に応じて攻撃力をかなりアップ(+5BC,転換バフ倍率50%)

 

最終進化が星6までなのでエクストラスキルやUBBは覚えません。

星7ユニットと比べてしまうと、その分はやはり劣りますが
他の星6ユニットと比べると、実はかなり優秀です。

 

まずリーダースキルにHP30%アップ&BB管理系のスキルが2つ付いていることで
耐久力やBBが安定しますのでリーダーとしても使えます。

星6が最先端だった少し前の激レア召喚ユニットとして
登場してもおかしくないくらい優秀なスキルですね。

 

そしてさらにBB・SBBでBBゲージ電池もついており、
BC増加量や防御転換バフのおまけつき、

役割がはっきりとしていてパーティにも組みやすいですね。

 

サブなら電池役として一体入れるだけでも大分BBの回転も良くなるでしょう。

ダメージ増加系・ダメージ軽減系・回復系のユニットと
一緒に組んでみるといいかもしれません。

スポンサーリンク

クーランの使い道は?

クーラン 使い道

 

・星6ユニット縛りフロンティアゲート(仮)

・フロンティアゲート(樹の界域)

・通常クエスト

 

フロンティアゲートの星6ユニット縛りは
現段階でまだ実装されていませんのでなんとも言えませんが、

これだけ優秀なスキルであれば候補として入れておいても良さそうですよね。

 

樹の界域はプレイヤーレベル的にコストが足りないとか、
BBがうまく回らなとか戦力になるユニットがまだ揃っていない方は、
是非入れてあげてください。

 

無課金ユニットだから…とバカにできないくらい活躍をしてくれると思います。

 

最後にどうでもよい話ですが、クーランを強化合成した時の
「強くしてくれてありがとにゃ」っていうセリフ、なんか萌えますよね。笑

 

はい、それではまた~。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

ダイヤを無料でコツコツ貯めませんか?

 

あまり課金できないけど、どうしても欲しいユニットがある・・・

 

新ユニットが出た時やピックアップ召喚の時に
欲しいユニットをゲットするために
今のうちからダイヤをコツコツと無料で集めていきませんか?

 

通勤時間や休み時間などちょっとした空き時間に

1日5分でできるダイヤをコツコツと集めていく方法をご紹介!

ゴー☆ジャスアプリで今すぐ限定特典をゲットしよう!

 

スマホゲームユーザーの間では有名な

お笑い界のブレフロ王こと、ゴー☆ジャスさんがお届けするゲーム実況動画

 

ゴー☆ジャス動画@Game Market

 

アプリをダウンロードすることで

アルトン・スフィアフロッグなどの限定特典が貰えたり

ダイヤ課金時5%OFFになるおすすめアプリです。

コメントお待ちしております!

いつもコメントありがとうございます!

ブログへのご意見、ご感想の他、

ユーザー同士の情報提供や情報交換、
雑談用としてもコメントをどんどん書き込んじゃってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>