【ブレフロ】ヴァーミリオンの使い道・パーティやおすすめスフィアは?

ヴァーミリオン 使い道

 

10月23日のメンテナンスで新ユニが追加されましたね。

ワタクシも10回引きましたが、見事に撃沈。

新ユニ1体も出ずです…

 

その代わり、持っていなかったサヴィアちゃんをゲットしました^^

 

あとは既に所持しているユニットの良タイプが次々と…

やっとドルクのロードフルドしたのにアニマきた~とか。

あるあるですね。

 

結局新ユニが出なかったのでこれらのユニット達をコツコツ育てていきます。

さて、今回は2015年10月炎属性の新ユニヴァーミリオンのレビューをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

ヴァーミリオンの使い道は?

ヴァーミリオン 評価

 

ヴァーミリオンは「魔鳳冠ヴァーミリオン」というスフィアが既に存在していますよね。

スフィアの名前のユニットは以前からたくさんいますが、
ヴァーミリオン自体、登場したのも比較的最近です。

 

ユニットのほうのヴァーミリオンですが、リーダーとしては不向きかな。

 

やはり今のリーダーというとステアップが定番、
必須化している感じなので、ヴァーミリオンのリーダースキル

「1ターンごとにHPが回復し、BBゲージが増加&被ダメージ時、BBゲージが増加し、確率でHPが回復」

はちょっと目新しさがない気が。

 

魔鳳冠ヴァーミリオンのスフィア効果を見ても、
なんとなく火力重視なタイプのユニットではないことは予想出来てましたが。

 

耐久&BB特化というのでしょうか。そのような場面が重視される戦闘においては
活躍すると思いますが、そういう場面が少ないことが難点ですね。

 

サブとしての使いみちはどうでしょう?

FG(フロンティアゲート)のリゼ枠でヴァーミリオンを入れるという感じで
使用されている方はいるようです。

ただし、SBB発動までの必要BC数がリゼ46個、ヴァーミリオン57個と重いので注意。

 

FGを手動で行くならヴァーミリオン、フルオートで行くならリゼ、
そんな感じの使い分けでいきましょう。

スポンサーリンク

ヴァーミリオンパーティは?

ヴァーミリオンのテンプレパーティを組むのは難しいですが、
相性の良いユニットとしては、アヴァンです。

>>アヴァンのユニットレビューはこちら

 

アヴァン持ちの方はリーダー、フレンド共にアヴァン、
サブにヴァーミリオン、ルーネ、クレア、グリフ、などで編成するのが良いでしょう。

 

炎属性縛りのFGが来たら活躍の場が広がりそうです。

 

ヴァーミリオンにつけるおすすめスフィアは?

ステータスアップ系のベイオルグマルクアビネスに加えて、

耐久系のヴァーミリオン不死鳥などを組み合わせれば
粘り強いユニットになりそうですね。

 

UBBを使用すれば3ターン味方全体を全回復、
低確率で戦闘不能を回復効果があるので、さらに耐久は高まると思います。

 

ヴァーミリオンちゃんはこんな感じですね。

一言で言えば「耐久系」のユニットかな。

 

UBBでの戦闘不能を回復効果がもし高確率や100%とかだったら
神ユニットに昇格していたかも…

 

「低確率で戦闘不能を回復」という文章を見る度、そろそろ高確率も
出てくれていいかな~なんて思いました。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

ダイヤを無料でコツコツ貯めませんか?

 

あまり課金できないけど、どうしても欲しいユニットがある・・・

 

新ユニットが出た時やピックアップ召喚の時に
欲しいユニットをゲットするために
今のうちからダイヤをコツコツと無料で集めていきませんか?

 

通勤時間や休み時間などちょっとした空き時間に

1日5分でできるダイヤをコツコツと集めていく方法をご紹介!

ゴー☆ジャスアプリで今すぐ限定特典をゲットしよう!

 

スマホゲームユーザーの間では有名な

お笑い界のブレフロ王こと、ゴー☆ジャスさんがお届けするゲーム実況動画

 

ゴー☆ジャス動画@Game Market

 

アプリをダウンロードすることで

アルトン・スフィアフロッグなどの限定特典が貰えたり

ダイヤ課金時5%OFFになるおすすめアプリです。

コメントお待ちしております!

いつもコメントありがとうございます!

ブログへのご意見、ご感想の他、

ユーザー同士の情報提供や情報交換、
雑談用としてもコメントをどんどん書き込んじゃってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>